«

»

5月
12

株式運用をするための初めの一歩

株の売買で資産運用を行うには相当の勉強を積み重ねていなければ資産なんて増やす事が出来ないのではないか?
そんな風に考えておられる方も多いとは思いますが、今回は株の初心者でも十分に利益を上げる事が出来る基礎知識をお伝えしたいと思います。

漠然とですが、株の運用ってなんだか負けると大きな負債を抱えてしまう、一夜にして得た利益や資産が無くなる恐れがある、怖い…などといった印象を持っている方も多いとは思います。
そこでまずはそういった恐怖心や不安感を払拭させるためにまずは株の売買を行うための専門用語を正しく理解し、しっかりとした基礎知識を身に着ける事が必要だと思われます。

先ず、基礎用語の中の基本である『日経平均』とは、日本を代表する225ある銘柄の株価によって算出されている株価指数の事をいいます。
TOPIX指数と比較すると銘柄の範囲が小さいため、値動きもやや荒くなります。

次に『TOPIX』ですが、これは東証株価指数と言われているもので東証1部上場を果たしている全銘柄の時価総額の平均値を算出したものをいいます。
日経平均とは違って時価総額の大きな株の影響を受けます。
日経平均と比較すると銘柄の範囲が大きいため、比較的安定しているのが特徴になります。

更に『NT倍率』とは日経平均をTOPIXで割って算出した数値を指しており、このNTとは日経平均のNと、TOPIXの頭文字Tを合わせた株式の専門用語になります。

如何でしたでしょうか。
そんなこと知ってるよ!という方もいらっしゃると思いますが、復習の意味もかねて初めの第一歩として紹介いたしましたので、皆さんも改めて復習して頂ければ嬉しく思います。

コメントを残す

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>