»

4月
06

先物取引では業者サイトのテクニカル分析ツールが利用できます

先物を取引対象にした個人向けのデリバティブ商品が多数販売されるような時代になりました。
これはインターネットの普及によって個人でも気軽に世界中の金融・外国為替・商品マーケットにアクセスできるようになったからです。

サラリーマンなどの個人はなかなか金融会社と取引の連絡をすることができません。
しかし、インターネット経由なら1日24時間アクセスが可能です。
これは忙しくて時間のない仕事を持っている個人には大きなメリットがあります。
しかもネット経由ならプロの金融業者がデザインしたシステムを通じて取引が出来るので自動ロスカットなどリスクヘッジの点でもメリットがあります。

先物を取引できるデリバティブ商品の代表はCFDと呼ばれる商品ではないでしょうか。
これは株価やその先物インデックス、商品先物、それから為替相場などが取引対象になります。
「くりっく株365」や「FX取引」などがこの代表でしょう。

CFDは「差金決済契約」などとも呼ばれ相場の変動を利用して買いと売りの時点の相場差から差益を得るものです。
この為、相場の予測には時系列チャートを分析するテクニカル分析が多用されます。
テクニカル分析はプロの相場師の経験から相場変動のパターンをマニュアル化したものです。
このため初心者でもすぐに応用できるというメリットがあります。

ネット経由の場合、取引するサイトに先物商品などのテクニカル分析を自動で行えるツールが付いているのが通常です。
この為、テクニカル分析を使うことはユーザー側には大きなメリットがあります。

コメントを残す

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>